• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動ラ下一][文]ねほ・る[ラ下二]《「ねぼれる」とも》「ねぼける」に同じ。
  • 「義理も弁 (わきま) えず云いたいことをいう大白痴 (おおたわけ) 、特 (こと) さら―・れた耳にも」〈露伴・椀久物語〉