• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狂言。和泉 (いずみ) 流は「咲嘩」。太郎冠者が察化という詐欺師を連れ帰ったので、主人は体よく帰そうとして冠者に自分のまねをさせるが、冠者は大失態を演じる。