見聞が狭く浅いこと。謙遜していうときの語。「寡聞にして存じません」

出典:青空文庫