[名・形動]口数が少ないこと。また、そのさま。無口。寡黙。⇔多言
  • 「―な彼女の頰は常に蒼かった」〈漱石行人

出典:青空文庫