• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[接尾]

  1. 古代における長さの単位の一。後世の曲尺 (かねじゃく) 寸 (すん) に相当する。

    1. 「御歯の長さ一― (ひとき) 」〈・下〉

  1. 古く、馬の丈 (たけ) を測るのに用いる語。4尺を基準とし、それより1寸、2寸、…8寸と高ければ、それぞれ「ひとき」「ふたき」…「やき」といい、9寸以上は「丈に余る」という。また、3尺9寸は「かえりひとき」という。

    1. 「黒栗毛なる馬の、たけ八―あまりばかりなる」〈宇治拾遺・七〉