江戸時代の庶民の教育施設。僧侶・武士・神官・医者などが師となり、読み・書き・そろばんを教えた。教科書は「庭訓 (ていきん) 往来」「童子教」など。明治以後、義務教育の普及によって消滅。寺。寺屋。
(寺子屋)浄瑠璃「菅原伝授手習鑑」の四段目の切 (きり) の通称。松王丸が一子小太郎を菅秀才の身代わりに立て苦衷を示すもの。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉

出典:gooニュース