• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

寺田寅彦の解説 - 小学館 大辞泉

[1878~1935]物理学者・随筆家。東京の生まれ。筆名、吉村冬彦・藪柑子 (やぶこうじ) など。地球物理学・気象学などを研究。また、夏目漱石に師事し、「ホトトギス」に俳句・写生文を発表。のち、独自の科学随筆を多く書いた。随筆集「冬彦集」「藪柑子集」など。

寺田寅彦の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
高知県
生年月日
1878年11月28日 いて座
没年月日
1935年12月31日(享年57歳)
別表記
吉村冬彦