• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

対牛弾琴の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

牛に対して琴を弾いて聞かせる意から、何の効果もなく無駄なこと。愚かな人に深遠な道理を説いて聞かせること。せっかくの好意や努力が無駄に終わること。▽「牛うしに対たいして琴ことを弾だんず」と訓読する。
出典
牟融ぼうゆう「理惑論りわくろん
句例
対牛弾琴の説教
類語
対驢撫琴たいろぶきん 馬耳東風ばじとうふう

対牛弾琴の解説 - 学研 四字熟語辞典

牛に琴を弾いて聞かせる意から、何の意味も効果もないこと。凡人に高邁こうまいな道理を説いて聞かせること。
注記
「牛うしに対たいして琴ことを弾だんず」と読み下す。
表記
「弾琴」を「断琴」と書きちがえない。
出典
牟融ぼうゆう「理惑論りわくろん
類語
馬耳東風ばじとうふう

キーワード[効果]の四字熟語

キーワード[淡々・淡泊]の四字熟語

キーワード[無視]の四字熟語

やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。