[名・形動]

  1. 精神を集中すること。また、そのさま。

    1. 「何ほど―に心を用うとも」〈中村訳・西国立志編

  1. 物事に非常に詳しいこと。また、そのさま。

    1. 「諸術に―なること」〈蘭学階梯

出典:青空文庫