• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

手段を選ばないで、ただ利益を得ようと考えること。また、偶然の利益をあてにすること。

「敢て―の計にあらず、聊か我が開化を助くるの微意なりと」〈新聞雑誌五七〉