• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

尊皇攘夷の解説 - 学研 四字熟語辞典

天皇や宮廷の権威を尊重し、外国の勢力を見下し、排撃すること。また、そうした思想のこと。
注記
「尊皇」は、帝王や宮廷を尊ぶこと。「攘夷」は、野蛮な外敵を排除すること。もとは『春秋しゅんじゅう』のことば。日本では、江戸末期から明治維新にかけての政治思想で、王制復古の中心的な思想となった。尊王論と攘夷論が結びついたもので、徳川幕府の政治を否定し、皇室を中心にすえて、外国を排除しようとした。
表記
「尊皇」は、「尊王」とも書く。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。