殿上人 (てんじょうびと) が通行の際、先払い警蹕 (けいひつ) の声を短く引くこと。

「殿上人のは短ければ、大前 (おほさき) ―とつけて聞きさわぐ」〈・七八〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫