• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

利口ぶったことを言う。多少弁舌の才がある。

「この商売屋の亭主とみえて、少し小口でも利かうといふ男」〈滑・膝栗毛・六〉