• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安中期の公卿、小野宮右大臣藤原実資 (ふじわらのさねすけ) の日記。天元元年(978)から長元5年(1032)にかけての、藤原氏最盛期の政治・社会・儀式などを記述。当時の宮廷の実情を知るための重要な史料。野府記。小記。おうき。