• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安時代、貴族の年少者に対する愛称。

「―召したれば、参る、とて」〈・帚木〉