• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

謡曲。四番目物金春禅竹 (こんぱるぜんちく) 作。下京 (しもぎょう) の男が大原野へ桜狩りに行くと、在原業平 (ありわらのなりひら) の霊が現れ、舞をまう。