• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、名主が借家人・店借人の生活状態を戸別に調べること。不審者の取り締まりなどを理由とした。

「―を恐れ、一人は男分に世間を立て」〈浮・一代男・二〉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉