[形][文]こにくら・し[シク]何となく憎らしくて癇 (かん) にさわる感じである。「―・い口をきく子だ」
[派生]こにくらしげ[形動]こにくらしさ[名]

出典:青空文庫