小林一茶の解説 - 小学館 大辞泉

[1763~1828]江戸後期の俳人。信濃の人。名は信之。通称弥太郎。14歳の春、江戸に出て葛飾派の二六庵竹阿に俳諧を学ぶ。のち諸国を行脚 (あんぎゃ) 、晩年は故郷に定住。不幸の中で、俗語・方言を交え、屈折した感情に基づく独自の作風を示した。著「七番日記」「おらが春」「父の終焉日記」など。→一茶忌

小林一茶の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
信濃北部の北国街道柏原宿(現・長野県上水内郡信濃町大字柏原)
生年月日
1763年6月15日 ふたご座
没年月日
1828年1月5日(享年64歳)

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉