• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

小林多喜二の解説 - 小学館 大辞泉

[1903~1933]小説家。秋田の生まれ。プロレタリア作家として、国家権力に抵抗する労働者・農民の姿を描いた。官憲に逮捕され、拷問により虐殺された。作「蟹工船」「党生活者」「不在地主」など。

小林多喜二の解説 - SOCKETS人物データベース

日本のプロレタリア文学の代表的な作家・小説家。1929年『蟹工船』を発表後、特高警察から要注意人物としてマークされ治安維持法により逮捕。その後、保釈されて七沢温泉に篭り地下活動に入るが1933年2月20日、特高警察により再び逮捕され、寒中丸裸の状態で拷問を受けたことにより死去。のちに、小説『蟹工船』は1953年・2009年に映画化された。
出生地
秋田県北秋田郡下川沿村(現・大館市)
生年月日
1903年10月13日 てんびん座
没年月日
1933年2月20日(享年29歳)