円筒形で、不用のときは畳んで袂 (たもと) または懐中に入れて携帯のできる提灯。天文年間(1532~1555)小田原の甚左衛門の創製という。懐 (ふところ) 提灯。

出典:青空文庫