• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

通し矢で、日中にだけ行うもの。→大矢数

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉