少しの知行。わずかな扶持 (ふち) 。

「昔は―も取れる者なりしが」〈浮・武家義理・五〉

少しばかりの知恵。あさはかな知恵。