一面に細かい文様を散らしたもの。また、それを型染めにしたもの。江戸時代には裃 (かみしも) に使われたが、のち町家でも羽織・着物などに染められた。

出典:青空文庫