• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 経書を分量により大・中・小に分けたとき、分量の少ないもの。「易経」「書経」「春秋公羊伝」「春秋穀梁伝」をさす。→大経中経

  1. 奈良・平安時代の学制で、周易尚書のこと。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉