• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

膜翅 (まくし) 目コマユバチ科のハチの総称。小形のものが多く、触角や産卵管が長い。幼虫は他の昆虫に内部寄生し、多くはさなぎになるときにはい出して小さい繭を作る。アオムシコマユバチ・ウマノオバチなど。

[生物/動物名]カテゴリの言葉