• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 膜翅 (まくし) 目コバチ上科の昆虫の総称。アシブトコバチ・イチジクコバチなど多くの科のものが含まれる。体長2、3ミリほどで、翅 (はね) の脈が退化し、体色は金属光沢のあるものが多い。他の昆虫や植物種子などに寄生する。

  1. 小形のハチ。