• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

謡曲。四番目物曽我兄弟が、工藤祐経 (くどうすけつね) を討つに際して母にいとまごいに行き、兄祐成 (すけなり) の取りなしで弟時致 (ときむね) の勘当を許してもらう。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉