モクレン科の常緑高木。暖地に自生。葉は長楕円形で厚く、光沢がある。春、葉の付け根に芳香のある大形の花をつけ、萼 (がく) ・花びらとも白色で6枚ずつある。神社によく植えられ、材を床柱や器具に、葉を香料に用いる。

[生物/植物名]カテゴリの言葉