• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

日本の武道家宗道臣 (そうどうしん) が昭和22年(1947)に創始した拳法。日本古来の武道と中国各地で学んだ武術を再編したもの。香川県多度津町に開基した金剛禅総本山少林寺を本拠とし、拳法の修練を通じて自己の確立と自他共楽の実践を目指す。中国の少林拳とは異なる。

[補説]名称は、創始者が少林拳の発祥地とされる中国の嵩山 (すうざん) 少林寺の壁画に修練のヒントを得たことに由来する。

[生活/スポーツ]カテゴリの言葉

出典:gooニュース