• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

仙術によって、肉体を残したまま、魂だけ体外へ抜け出ること。

「―の仙人権者の化現のようなる奇瑞 (きずい) あるべき筈なし」〈露伴・新浦島〉