[名]
  1. 人や動物の胴体の後部で、肛門の付近の肉づきの豊かなところ。けつ。おいど。臀部 (でんぶ) 。

  1. 動く人や物の後ろ。あと。後方。「行進の―について歩く」

  1. 物事の一番あと。終わりの部分。しまい。最後。「ことばの―」「―から二番目の成績」

  1. 物の、最も後ろの部分。最後部。「―の切れたわらぞうり」

  1. 本・末のある長い物の、末の部分。末端。「縄の―を持つ」

  1. 容器の外側の底の部分。また、果物の底部。「鍋の―」

  1. 着物の裾。

  1. 物事や行為の結果。結果として生じた事態。また、事件の余波。とばっちり。

    1. 「その責任を持ち込んで来る―はなかった」〈徳永太陽のない街

[補説]他の語の下に付いて複合語をつくるときは一般に「じり」となる。
[接尾]助数詞。矢羽に用いる鳥の羽を数えるのに用いる。尾羽を用いるところからの語。大鷲 (おおわし) は14枚、小鷲は12枚、鷹 (たか) は10枚で一尻という。
    1. 「鷲の羽百―、よき馬三疋」〈義経記・二〉