• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

尽忠報国の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

忠節を尽くし、国から受けた恩に報いること。▽「尽忠」は君主や国家に忠義・忠誠を尽くすこと。「報国」は国のために力を尽くして国の恩に報いること。中国宋そうの岳飛がくひはたいへんな忠誠心の持ち主で「尽忠報国」の四文字を背中に入れ墨をしていたと伝えられる。
出典
『北史ほくし』顔之儀伝がんしぎでん
句例
尽忠報国の志士たち、尽忠報国を誓う
類語
義勇奉公ぎゆうほうこう

尽忠報国の解説 - 学研 四字熟語辞典

忠誠を尽くして、国や天子の恩義に報いること。
故事
中国宋の時代、岳飛がくひは金国の侵略を撃退することに大功があったが、讒言ざんげんにより逮捕されそうになった。そのとき使者に対して、衣服を破り背中を見せたところ、「尽忠報国」の四文字が大きく入れ墨されていたという。
出典
『宋史そうし』岳飛

[社会との関わりを表す/真心・誠意・忠誠]カテゴリの四字熟語

キーワード[忠誠心]の四字熟語

goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。