• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

東京式アクセントの分類のうち、単語の最後の拍にアクセント核がある型。「やま↓()」「いもうと↓()」など。これらは単独で発音しても語の内部では音調の下降がないが、語の後に助詞や「です」などが付いたとき、「やま↓が」「いもうと↓です」の「が」や「です」から下がる。