• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

尾高尚忠の解説 - 小学館 大辞泉

[1911~1951]指揮者・作曲家。東京の生まれ。尾高朝雄の弟。ウィーンに留学。指揮法をワインガルトナーに学ぶ。日本交響楽団の常任指揮者となり、日本の交響楽運動に貢献。死後、作曲に関する「尾高賞」が設けられた。

尾高尚忠の解説 - SOCKETS人物データベース

作曲家 指揮者
出生地
東京都
生年月日
1911年9月26日 てんびん座
没年月日
1951年2月16日(享年39歳)

[美術・音楽/音楽家]カテゴリの言葉