[名](スル)
  1. ある一つのことばかりが気にかかって他のことが手につかないこと。くよくよすること。「―のない顔」

    1. 「人は只だ黄金 (おかね) のことばっかりに―して」〈木下尚江良人の自白

  1. 疲れて飽きること。また、することもなく、退屈すること。

    1. 「―そうな顔をして、火箸 (ひばし) で火を弄 (いじく) っていた」〈秋声・足迹〉

出典:青空文庫