• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 神仏の出現を祈願すること。

    1. 「大神も小神も―の砌 (みぎり) に影向 (やうがう) し給ふことにて候へば」〈盛衰記・九〉

  1. 法会 (ほうえ) などのために僧を招くこと。

    1. 「有験 (うげん) の僧など―し給ひ」〈折たく柴の記・上〉