1. 地位・身分ある人の住む屋敷。また、その主人。おやかた。

  1. 仮ずまいのための形ばかりの小屋。かりや。寓居 (ぐうきょ) 。

    1. 「水茎の岡の―に妹と我と寝ての朝けの霜の降りはも」〈古今・大歌所御歌〉

  1. 牛車 (ぎっしゃ) などの上につくった家の形をした覆い。

    1. 「月の明きに、―なき車のあひたる」〈・四五〉

  1. 船の上にしつらえた屋根のある部屋。船屋形。

    1. 「みさごは魚をつかみながら大友が舟の―の上へぞ落ちたりける」〈太平記・一六〉

  1. 貴人を敬っていう語。また、特に中世、屋形号を許された大名の称。

    1. 「―の御意得奉りて」〈甲陽軍鑑・四〇〉

  1. 屋形船」の略。

    1. 「つながせし―に皆々乗り出す」〈浄・二枚絵草紙〉

出典:青空文庫