• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]
  1. 住むための建物。家屋。いえ。「我が―」「一軒―」

  1. 屋根。

    1. 「声高になのたまひそ。―の上にをる人どもの聞くに、いとまさなし」〈竹取

[接尾]名詞に付く。
  1. それを売買する人や家の意を表す。「本―」「菓子―」

  1. そのような性質の人をいう。使う人、場合によって軽蔑や自嘲の意を込めて用いられることもある。「気取り―」「わからず―」「がんばり―」

  1. 役者の屋号や文人の雅号などとして用いる。「紀の国―」「鈴の―」

  1. 商業などを営んでいる家の屋号として用いる。「越後―」「近江―」

  1. そのことを専門にしている人、ある技術に優れている人などをさしていう。使う人、場合によって自慢げに、うらやましげに、あるいは自嘲や軽蔑の意を込めても用いられる。「事務―」「技術―」「政治―」「チーム随一の飛ばし―だ」「速いだけが取り柄の走り―さ」