千葉県北東端、銚子市南岸から旭市飯岡にかけての太平洋岸。浸食の多い海岸として知られ、海食を受けてできた高さ40~50メートルの断崖が10キロメートルにわたって続く。水郷筑波国定公園の一部。名の由来は、東側の銚子半島方面からは屏風を立てたように見えることから。