《風を屏 (ふせ) ぐ意》室内に立てて風をさえぎったり、仕切りや装飾に用いたりする調度。長方形の木の枠に紙・絹を張ったものを2枚・4枚・6枚などとつなぎ合わせ、折り畳めるようにしてある。多くは表面を絵や書で飾る。中世以後、左右二つを一双として、関連する図柄を描くようになった。 冬》「向きかへてふたたび眠る―かな/万太郎

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

[冬/生活]の季語

出典:gooニュース

出典:青空文庫