• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大阪府堺市西区石津ヶ丘にある、5世紀の古墳。百舌鳥 (もず) 古墳群の一。日本で3番目に大きい前方後円墳で、長さ365メートル、高さ28メートル。墳丘からは円筒埴輪 (はにわ) のほか、高さ1.4メートルの大型の靫形 (ゆぎがた) 埴輪が出土。履中天皇の陵として治定され、宮内庁が管理する。履中陵古墳。百舌鳥耳原南陵。上石津ミサンザイ古墳。ミサンザイ古墳。石津ヶ丘古墳。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉