• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「み」は接頭語。「やけ」は「やか(家・宅)」の音変化》

  1. 大化前代における朝廷の直轄領および直轄の農業経営地。屯倉 (とんそう) 。

    1. 「―を来目 (くめ) の邑 (むら) に興 (た) つ」〈垂仁紀〉

  1. (官家)大和朝廷が朝鮮半島南部に置いたという官府。実体は不明。うちつみやけ。

    1. 「百済の国は、日本国 (やまとのくに) の―として、ありくること久し」〈雄略紀〉

  1. 朝廷。

    1. 「―の船の名、枯野は、伊豆の国の貢 (たてまつ) る船なり」〈応神紀〉