• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

山中のわき水がたまってできた井戸。やまい。

「安積香山 (あさかやま) 影さへ見ゆる―の浅き心を我が思はなくに」〈・三八〇七〉