• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《原題、(ドイツ)Das Kreuz im Gebirgeフリードリヒの絵画。カンバスに油彩。夕空を背景に、山上の十字架を描いたもの。祭壇画として制作されたが、宗教画と風景画を混同していると批判され、「ラムドール論争」を引き起こした。ドレスデン国立美術館所蔵。テッチェン祭壇画。山の上の十字架。

[美術・音楽/西洋の美術作品]カテゴリの言葉