• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ユリ科の蔓性 (つるせい) の落葉低木。本州以西の山地に自生し、葉柄に一対の巻きひげがある。葉は卵円形で先がとがり、縁はやや波打つ。雌雄異株。5、6月ごろ、黄緑色の小花を散形につけ、実は丸く、黒く熟す。