• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 苧屑 (ほくそ) 頭巾」に同じ。

  1. 長方形の布を二つ折りにしてかぶり、後頭部のところを縫い合わせ、肩にかかるところにあきを作った頭巾。黒・茶などの八丈絹やビロードで仕立てて、主に武士が用いた。三角形の襠 (まち) を入れたものや小鉤 (こはぜ) 掛けのものもあった。のちの防空頭巾はこれに綿を入れたもの。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉