• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代の小物成 (こものなり) の一。農民個人や村の所有する山を対象に一定額が賦課された。