• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. ヤマザクラの木で作った戸。

    1. 「あしひきの―を開け置きて我 (あ) が待つ君を誰 (たれ) か留むる」〈・二六一七〉

  1. ヤマザクラの咲いている所。桜の多く植えてある山家 (やまが) 。

    1. 「名もしるし峰の嵐 (あらし) も雪と降る―のあけぼのの空」〈新勅撰・春下〉