• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
伝説上の人物。丹後国由良の富者で、強欲非道と伝えられる。安寿姫厨子王 (ずしおう) の姉弟を人買いから譲り受けて酷使したが、逃亡した厨子王の敵討ちにあったという。名は、山椒売りの長者、または三つも山荘をもつ長者の意で、「山荘太夫」「三荘太夫」とも書く。
説経節五説経の一。の伝説を脚色したもの。江戸初期に流行。
浄瑠璃歌舞伎などの一系統で、説経節として語られたの伝説を脚色したもの。浄瑠璃「三荘太夫五人嬢 (むすめ) 」など。
(山椒大夫)森鴎外の小説。大正4年(1915)発表。山椒太夫伝説に題材を取り、安寿と厨子王の受難と姉弟愛を描く。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉